トップページに戻る
 

トップページに戻る お問合わせフォーム
HOME >> 環境への取り組み




 御國工業では、ドラム缶のリユース事業を通して、ささやかながらも環境問題への取り組みを行っております。現在、地球における環境問題は日に日に悪化しており、われわれ御國工業も傍観していられない状況と考えております。
 ドラム缶事業再生事業というのは通常で行われるリサイクルとは異なり、資源をそのままの形で再利用することにより成り立っております。われわれ御國工業ではリユース(再利用)の技術・ノウハウを蓄積し、それを活用することで環境問題へ貢献すべく、日々活動しております。
 われわれの活動を通じて、少しでも環境問題に対する理解が深まり、地球の省エネルギー化、資源の再利用化が発展すればと願っております。



 ドラム缶メーカーによって生産された新ドラム缶はドラム缶のユーザーである石油会社、化学会社、塗料会社などに配達されます。これらの会社でドラム缶に石油製品や化学製品、塗料などの 内容物が充填されます。その後、これらの内容物のユーザーに運ばれ、使用後の空缶が再利用業者へと回されます。
 ほとんどのドラム缶は鋼板(鉄板)で造られています。このため丈夫なので、いったん使用された後はその約56%はユーザーから ドラム缶更生メーカーによって回収され、内部を洗浄した上で新しく表面塗装などを行い、(これを「更生処理」といいます)再び新缶と同様にユーザーに配達されます。このような更生処理を経て通常は1個のドラム缶が4〜5回も使用されます。特に鋼板製 の使用済み200リッタードラムはドラム缶更生メーカー、ドラム缶ユーザーなどによって使用―更生処理―再使用のシステムが構築されています。このシステムは日本のドラム缶のリユース(再利用)のサイクルとして確立されています。
  日本では、現在(平成25年度)約1,317万本の新缶が生産されますが、この他にこのような更生処理を経た缶 (これを「更生缶」 といいます)が年間約1,077万本生産されています。
  4〜5回使用されたドラム缶は、その後はスクラップ処理に回され「鉄源」として鉄鋼メーカーに運ばれ、新たに「鉄」として再生します。これがリサイクルです。



 地球の自然環境を保護し、限りある資源を有効に活用するため、現在では世界中の人々に環境保全と資源のリユースやリサイクルが求められています。
  これに関する法整備も進んでいます。我が国でも、1997年に「容器包装リサイクル法」が施行されたのを始め、2000年6月には 「循環型社会形成推進法(環境基本法)」が公布されました。また、2001年4月には資源再利用による省資源化、廃棄物の発生抑制 に重点を置く「資源有効利用促進法(環境基本法に一部)」も施行されました。
 ドラム缶の使用とそのリユースとリサイクルはこれらの動きを先取りした形でもあり、この点を評価され、鋼製ドラム缶はこれらの 法規制の適用対象外となっております。



 ドラム缶の製造工程では、プレス機、溶接機、乾燥炉、塗装機などさまざまな機械・設備が使用されています。ドラム缶メーカー各社は早くから製造工程における環境保全の問題にも取り組み、環境基本法(後の環境型社会形成推進法)や、大気汚染防止法、水質汚濁防止法、騒音規制法、悪臭防止法などの基準や規制をクリアしてきました。



 ドラム缶業界では他業界に先駆けて環境保全に取り組んできました。その成果 はリユースやリサイクルの他にも、危険物や有害廃棄物の運搬・保管工程における漏洩対策、さらに製造工程における公害対策など、さまざまな面 に現れており、今やドラム缶は環境の優等生となっています。
  しかし、まだ、残滓物や回収ネットワークなどに問題がないわけではありません。われわれ御國工業でも他のドラム缶関係業者と共に、その解決を社会的な問題としてとらえ、100%リユースシステムの確立に向けて引き続き努力していきます。



 

| ホーム | 会社案内 | 事業紹介 | 製造工程 | ドラム缶回収 | 会社へのアクセス | サイトマップ | お問合わせ |

 株式会社御國工業 総合お問合わせ窓口:TEL:043-261-5331 Mail:info@mikuni-net.co.jp
Copyright All Right Reserved by Mikuni Ind. Corp.